多摩の戦争遺跡をたどる

ひきつづき、週末の話・・・

先週は15日が終戦記念日だったので、以前から考えていた
多摩の戦争遺跡や関連の場所をたどる企画


探してみると、結構あるんですよね
例えば、先行して以前行ってみたのが高尾方面

旧甲州街道から南高尾のトレイルへの入口にあるこちら

湯の花(いのはな)トンネル列車銃撃事件の慰霊碑 
20130822002.jpg

20130822001.jpg

それと、写真はありませんが浅川防空壕
今でも埋めずに残されている部分が見学できるようです


で、今回
まずは立川方面へ向かいます

八高線列車衝突事故の碑(昭島市・多摩川河川敷)
20130822003.jpg

戦争とは直接関係はありませんが、終戦から10日後の事故

20130822004.jpg
事故車両の車輪
2001年になって多摩川から引き上げられて、線路脇の土手上に設置されたそうです


さらに進んで
山中坂(立川市富士見町)
20130822005.jpg

20130822006.jpg


昭和記念公園の横を北へ
この公園も以前は米軍基地、さらにその前は立川飛行場・・・
周辺には飛行機の部品を作る軍需工場や軍の研究施設が数多くあったようです


こちらもその中のひとつ
西武線の玉川上水駅の北側にある都立東大和南公園
20130822011.jpg

戦時中はこの一帯で飛行機のエンジンを製造していたらしいです

そして公園内に残されているのが
旧日立航空機立川工場変電所(東大和市)
20130822007.jpg
当時の姿がそのまま保存されています

20130822008.jpg
建物には機銃掃射を受けたあとが

20130822009.jpg
建物裏側から

20130822010.jpg


立川駅方面へ戻ります
日も高くなり暑くなってきたんで、省エネ

立川駅から南武線に乗ってワーーーーープ
着いたのが南多摩駅
20130822012.jpg

川崎街道を尾根幹方面へ
旧陸軍南多摩火工廠(稲城市・多摩市)
20130822013.jpg
現在は米軍のレクリエーション施設となっていて、川崎街道沿いに延びる金網の向こうには
ゴルフ場やキャンプ場があるそうです

以前も書きましたが、浅田次郎さんの小説「日輪の遺産」の舞台にもなってます


しかし・・・暑ちぃーーーー
凍らせておいた保冷剤はとっくに溶けて、もはやおもりでしかない

日影に座り、休憩
たまに風が吹くのが、せめてもの救い

尾根幹をこのまま進むのはやめてこっちを選択
20130822014.jpg
初・よこやまの道

八王子市長池公園までのトレイル
・・・と、言っても住宅地や一般道も一部使いながら
看板見ながら進めば道に迷うこともなさそう

そして、最後の目的地
尾根緑道(戦車道路)(町田市)
20130822015.jpg
すぐ近くの相模陸軍造兵廠(現・米軍相模総合補給廠)で作られた戦車の
テストコースとして作られたもの

つまり
現在
20130822016.jpg

過去 こんな感じだったのかな?
20130822017.jpg


以上で調査終了
ここから自宅まであと10km・・・もうムリ、いいや
で、電車に乗って帰宅

ヤリ過ぎだったか?週末
結局、その後3日休養、現在に至る・・・


平和であることに感謝

 にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ

にほんブログ村
ランキングに参加ちゅ~!「ポチッ」とひと押しお願いしまーす
マウス


最後までありがとうございました。福助
みなさんからのコメントもお待ちしています。
 

関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment