STY A8西富士中学校~A9本栖湖

サブタイトル「嗚呼、地獄の天子山地」って(笑)
チョット長くなりますが一気にいきます

で、本編に入る前に
先日カツウォさんが教えてくれたデータから→記事はこちら

総合順位でボクの前後、計100名のA8-A9のタイム

11:00-11:30 2名
11:30-12:00 2名
12:00-12:30 5名
12:30-13:00 12名
13:00-13:30 26名
13:30-14:00 25名
14:00-14:30 19名←ココ
14:30-15:00 7名
15:00-15:30 2名
Av 13時間31分

休憩含めてキロ27分とか・・・

15:53 天子ヶ岳入口
20120527007.jpg

看板には山頂まで150分の表示
最初の天子ヶ岳へ、登山道入口から約4kmで800m上がる
GARMINの標高、距離を頼りに
もうすぐ、もうちょっとと思いながら・・・

確実に過去最高のキツさ
休憩をとりながら、先が長いので急がず


17:37 天子ヶ岳山頂1330m
20120527001.jpg

とりあえず上には来れた
しばらくは大きい登りはないと安心

まだライトは使わなくても大丈夫なんで
今のうちに距離を稼いでおこうと必要な補給をして先を急ぐ

18:05 長者ヶ岳1335m (関門20:00)
20120527002.jpg

走れていたのはこのあたりまでの平らなところだけ


時間不明 天狗岳1373m

このあたりからライトを点灯
いろいろ書きましたが最終的には

頭(200ルーメン)と
手持ち(150ルーメン)→バンドで固定の2灯体制

ただ
・コースが厳しくほとんど歩きだった
・前後の人の灯りが頼りになった
最終的には慣れてきたのもあって頭だけで充分でした

20:13 熊森山1574m (22:00関門)
20120527003.jpg

依然として2時間の余裕
ここで、給水(500mlのペット)が補給できるんで
休憩をとる予定でした・・・が

到着すると配ってる様子がない
どうやら足りなくなって今あげてる最中らしい
しばらく待ちましたが、体も冷えてきたんで出発

ここを過ぎると安全にエスケープできるルートはなくなります
もう戻ることはできません

いきなりの急下り
何ヶ所か激下りがありましたが、そのうち印象に残ってるひとつ
ホント、ゆっくり・・・
うしろにいる気配がすれば、先を譲り安全第一

あわせて、このへんでとおーーーくで雷
一瞬ポツッと雨もあたりさらに恐怖

時間不明 雪見岳1605m
     金山 1596m
     地蔵峠


地蔵峠だけは確か看板があったような・・・

毛無山へのキツイ登りが始まる前のこのあたりで休憩
1時間ごとに食料を口に入れようと決めて
その補給も兼ねてだったんですが

チョットした平らなところで
木にもたれかかってたら寝ちゃって・・・
30分位でしたが、かえってスッキリしてよかった(笑)

ほかの人も結構多かったですね
エマージェンシーシートにくるまったり
そのままだったり

平らなところで横に寝てる人もいれば
キツイ登りの途中、えーこんなトコでって人まで

0:41 毛無山 1945m コース最高峰
20120527004.jpg

やっと着きましたよ。熊森山から4時間半
何人か休憩してました
寝てる人いたけど大丈夫だったんだろうか

東側は大きく開けていて朝霧~富士宮方面の夜景がきれいに見えます
昼間なら富士山の素晴らしい景色が見れそうです

じっとしてると寒いんで短めの休憩で出発
ここからはしばらく平らなところが多かった記憶

2:10 雨ヶ岳1771m 
20120527005.jpg

ここまで来れば残すはあと1つ、竜ヶ岳のみ
で、時間が気になりだす
このあと500m下り→200m上り→最後の下りは・・・
地図に記入してなかった(正解500m)

これを出来れば2時間半、最長3時間
あてにしたいGARMINサマは先ほどから充電でポケット内使用できず
ギリギリかも・・・

で、まずは端足峠への下り
記憶にあるなかでは最凶、最狂、最恐
長いし急だし・・・
ここは逆に夜で正解だったかもと思えました

前の人のコース取りを見て、転べば注意しながら
岩、木の枝、泥・・・
つかめるところは掴み、手をつきながら・・・
それでも転びながら

さすがにうしろに気をつかう余裕はなかった
(たぶん同じようなスピードだったと思うけど)

やっと抜けた・・・

今度は200m登り。背の低い笹原が広がり遠くまで見通せる
先を行く人の灯りが見える
振り返ればさっきの激下りをおりる人の灯りも
もうちょっと後ろでは渋滞が起きていたらしいです
STYの人は声掛けて先に行かせてもらったとか・・・

3:47 竜ヶ岳1485m

雨ヶ岳から2.8k位を1時間40分かかってます
ってことは・・・えーーっとキロ35分ですか

あとは下りだけ。頂上にいた人に聞くと
ここから1時間・・・うっ!

幸いにもまだ脚は残ってる
さらに幸運だったのは今までみたいな直線の下りではなく
折り返しの下り・・・なんとか走れます

山の中では一番走ったところでした
それでもなかなか見えてこない、終わらない

やっと木々の間から灯りが見え始めた
もうちょっと・・・先を行く人の灯りで様子がわかる
あぁーあそこまで

もうひたすら走るのみ、時計を見る余裕もなし

やっと登山道を抜けて、久々に舗装路の感触

4:30 A9本栖湖スポーツセンター56km(関門5:00)
スタートから18時間30分、西富士中学校から13時間経過
20120527006.jpg

終わったぁ・・・いや終わってないけど、終わったぁ
無事に下りてきた
大袈裟ではなく生きて帰ってこれた



にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ

にほんブログ村
ランキングに参加ちゅ~!「ポチッ」とひと押しお願いしまーす
マウス


最後までありがとうございました。福助
みなさんからのコメントもお待ちしています。
 




関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment