上野原トレイル 詳細レポ

レースから3日経過・・・
筋肉痛はだいぶ和らぎました

レース結果についての情報もだいぶ明らかになってきて
注目のロングの完走率は45%

コースディレクターを務めた野崎さんのブログでも
舞台裏のエピソードが書かれていますが
やはり暑さにやられた方が多かったようです


で、ボク自身のこと。
やっと、ガーミンのデータをまとめることが出来ました
        
~御前山合流 3.18km 36分
~新矢ノ根峠 4.64km 1時間14分(28分)
~高柄山   6.19km 1時間32分(29分)
~第1関門  7.47km 1時間53分(20分)

スタート後、トレイル入口で渋滞がありましたが
思っていたよりもタイムロスは少なく済みました

それ以降は立ち止まるほどの渋滞は発生せず
でも、脚が慣れていなくて、呼吸も乱れて
立ち止まりながら進みます

それでも、第1関門は約2時間で通過
試走時のタイムとあまり変わらず、ひと安心

10分ほど止まり、給水、トイレ、バナナを食べる
        
~矢平山 8.84km 2時間26分(33分)
~寺下峠 9.86km 2時間45分(19分)

足が攣りそうな感覚が
ひどくなれば、リタイヤを、と考えながら
塩アメをなめて、歩きと走るの繰り返し

山からの下りが、岩場だったりするので
滑らないように慎重に降りる

~立野峠 13.12km 3時間44分(59分)

立野峠でエスケープが可能なので
リタイヤしようかどうするか・・・・

ここで、リタイヤの人も結構いたし、
道の傍らでは横になってる人も・・・

まだ、午前中だったし(笑)もうチョット行こうかと

~倉岳山 14.10km 4時間11分(27分)

山頂は見晴らしがよく、富士山、
反対側には大月の市街地が望める場所

チョット、腰をおろして休憩。
係員に次の給水ポイントまでの距離を聞く人
係員「あと、3kmほどです」


ボクは知っていた
その3kmが地獄だってことを

ちなみに300人ほどが既に通過したとのこと

~穴路峠 14.92km 4時間29分(18分)

さて、ここでもう一度考える
ここを過ぎれば、次にエスケープできるのは雛鶴峠
行くと決めれば、アノ尾根の登りが待ってるのか・・・

まぁ、脚もまだダイジョーブ
水もまだ余裕あるし・・・

~高畑山 15.96km 5時間10分(41分)
~雛鶴峠 17.91km 5時間45分(35分)

高畑山を過ぎると、まずは下り
しかも、ここからはコース幅も狭く、
両側からは小枝なんかも邪魔をする
目に当たるとあぶないんで、サングラスをかけて降りていく

下りたからには登る
斜度で言えばどれ位だろう・・・
30度位はあるのか
先を見ると、ホント「見上げる」って感じ

で、雛鶴峠到着。
ホントは給水ポイントではなかったけど、
急遽用意したみたいで

補給用に、とペットボトルの水が渡される

さぁ、どうする?進むか止めるか
行くなら、あと300M登って、また下りるまで合計約9km。
エスケープ出来ず。

ここでは、あまり考えなかった。
水分補給してスタート


~棚ノ入山 20.64km 6時間40分(55分)

試走の時はクタクタで全然動けなかった場所。
今回はホント不思議なくらい体が動いた

たぶん、先がどうなってるか知っているから
水分などにも余裕があったから

先行する人を抜かしながら、コース最高地点へ到着

持ってきたコーラミニ缶で祝杯
それと、ペットボトルの水を一気飲み
あとは下りなんで、荷物の軽量化

写真撮ったり、係員の方と話したり
15分ほど休憩

uenohara002_20100915233730.jpg


~二十六夜山 23.30km 7時間22分(42分)
~第2関門  25.24km 7時間40分(18分)
あとはイッキに下るだけ。
最初は急な尾根の下りなんで、ゆっくり

あとは走りやすい場所。
20km以上走ってきて、やっと感じる爽快感(笑)
走る余力はあったんで、この区間で抜かしまくり

最後の最後、沢でバランス崩して
また足が攣りそうになったけど・・・

なんとか、目標の第2関門、到着
uenohara003.jpg

聞けば、第2関門を通過できた人は200名チョット
完走者も同じ位の数だから、ここを通過した人は
ほぼ、完走できたみたい

戻ってくると、ショート、ロング共に続々とゴール
uenohara004.jpg

やっぱり、ここでゴールしたかったァ・・・


で、来年のこと。公式HPによれば

「次回大会はロング、ハーフの2部門を廃止し
新たにリニューアルし1部門でコースを設定し
各選手が快適に走れるコースを設定したいと考えております。
次回大会もご参加お待ちしております。」


だって。大会終わって、2,3日でこの方針が発表されるって・・・


あぁー気付けばチョー長げぇ
最後まで、読んで頂きありがとうございました

改めて、大会運営に携わった地元関係者の皆様
大変お世話になりました


<おしまい>


にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギング・マラソンへ
にほんブログ村
ランキングに参加ちゅ~!「ポチッ」とひと押しお願いしまーす
マウス


最後までありがとうございました。福助
みなさんからのコメントもお待ちしています。
 




関連記事
スポンサーサイト

2 Comments

レイ  

リンク先見てきましたけど相当大変だったみたいですね。
熱中症って突然来るんですね。
山の中で突然倒れたら転げ落ちるか頭を打つか・・・
暑い時に険しすぎるコースはホント危険ですね。
試走しておいてよかったですね。

2010/09/16 (Thu) 13:49 | REPLY |   

Kazu  

レイさん

この夏、他のブログでも何回か読みましたが
突然らしいですね、熱中症

涼しくなったから、大丈夫だと思いますが
ホントに怖いです。

試走はしておいて良かったァ~って感じ
でも、最低限試走できなくても
コースの確認は必要です

それすらもしていないと思う人も
ちらほら見ましたから

2010/09/18 (Sat) 06:06 | EDIT | REPLY |   

Post a comment