category: 20XX年シリーズ  1/1

当選と走るのやめるのどっちが先か

No image

またか・・・男は昼過ぎに送られてきたメールを見て深くため息をついた申し込んでいたマラソン大会の抽選結果を知らせるものだった全国の各都市で開催されるようになった都市型マラソンの草分け的存在であるこの大会は毎年10倍を超える倍率となっており未だに参加するという夢は叶わずにいたどうしても出たい。記録が狙えるうちに・・・しかし、当選しないことにはスタート地点には立てない決めた・・・こうなった以上、仕方がない...

  •  0
  •  0

マラソンに体重別階級制導入

マラソン体重別階級制導入へ ~ニッポンマラソン界復活への起爆剤となるか~ 日本陸連は1日の理事会でマラソン競技において体重別による階級制の導入を検討するための委員会設立を検討したと発表。陸連主催の一般市民ランナー参加の複数の大会で試験的に導入。最終的には2020年の東京オリンピックでの導入を目指し、今後はIAAF(国際陸上競技連盟)など関係機関に働きかけるとしている発表によれば70kg級・80kg級・90kg級・100kg...

  •  2
  •  0

20XX年2月2X日 AM9:00 新宿都庁前

やっとこの場に立つことができた・・・スタートまであと10分大勢のランナーの中から高層ビルの間に広がる青空を見上げて男はそこにいる喜びを感じていた待ちに待って、やっとの思いで辿り着いた場所体調も万全、あとはしっかり練習の成果を発揮するだけだったこのレースだけは別格だった。大会の開始から十数年が経過。現在に続くマラソンブームの礎となったこの大会は都心の観光地を巡りながら、ほぼ平坦なコースで記録も狙いやす...

  •  2
  •  0

20XX年 マラソンブームの結末

No image

なにかアイデアはないか…ため息をつきながら椅子にもたれて男は誰もいなくなったオフィスの天井を見上げた東京の大学を卒業後、地元に戻り市役所に勤務。スポーツ課には3年前に配属となった大学で箱根駅伝を走った、そんな経験も関係してるのだろうかある日上司に呼ばれ、突然言い渡されたのがマラソン大会のテコ入れ30年以上続く大会はフルマラソン・10k・5k・親子の部があってこれといった観光名所もないこの市にとっては大勢の...

  •  4
  •  0

ランナーの敵

No image

都内にある某大規模公園ここで、10kmの大会が開かれた参加費は1,000円参加賞としてTシャツが渡されるネットを通じて告知がされて事前の登録は必要なく、当日会場へ向かい受付で住所、氏名を記入、参加費を支払うゼッケンの替わりに会員カードのようなものが渡されこれで記録の管理をおこなうとの事最近のブームもあり、集まったランナーは100名近く改めてコースの説明が簡単に行われ、午前10時にスタート指示されたコースをラン...

  •  10
  •  0